RSS     Archives     Log in
最新コメント
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

前田敦子、初のソロライブでファン6000人を魅了

 
人気グループ・AKB48の前田敦子が4日、東京・よみうりランドでソロデビューシングル「Flower」(6月22日発売)の発売記念ミニライブ&握手会を行い、集まったファン6000人を魅了した。フルバンドの演奏に乗せ、野外で人生初のソロライブを披露した前田は「一番挑戦したかったのが生のバンドで、自分からやってみたいって言いました」と願望叶って大喜び。「あっちゃーん!」「敦子ー!」の大歓声のなか、「1人でのイベントは初めてだったので緊張しましたが、たくさんの方が来てくださって本当に幸せです!」とはにかんだ。

キャミソールにロングスカートという出で立ちで登場した前田は「ひとり夏フェスを意識してみました」と満足げ。同作から「この胸のメロディー」、「頬杖とカフェマキアート」、「夜明けまで」、「Flower」の全4曲を熱唱し、最後には慣れないバンドメンバーの紹介も行った。曲間のMCでは「今日は初めて生バンドの演奏で歌わせてもらってます! 無事今は晴れてるので、このまま盛り上がっていきましょう!」とファンを盛り上げ、最後はバンドメンバーと手を繋ぎ、一列に並んで大きく一礼した。

ミニライブを終えた前田は、衣装を変えて再びステージに登壇。初のひとり舞台に「ファンの皆さんが楽しんでくれたのなら満足」と笑顔で語り、「今度は自分も一緒に演奏してみたい」と次なる願望を明かした。また、「歌もまだまだ未熟者だし、派生ユニットやともちん(板野友美)もどんどんCDを出してレベルアップしているので、私も負けないように練習したい。また新しい私を披露できる日が来ればと思います」と意気込んでいた。


【PR】逆浸透膜(RO)浄水器 レンタル
スポンサーサイト
 

松たか子と阿部サダヲが初共演

 

女優の松たか子と俳優の阿部サダヲが映画『夢売るふたり』で初共演することが15日、明らかになった。

『夢売るふたり』は、『ディア・ドクター』、『ゆれる』などの西川美和が脚本・監督を務めるオリジナル作。松と阿部は、火災ですべてを失い、再出発のために結婚詐欺に手を染める元小料理屋の夫婦を演じる。人生をやり直すためにお金が必要だった市澤貫也・里子夫婦が嘘を繰り返し、やがて夫婦の間に、騙した女たちとの間に、さざ波を立て始めるというストーリーだ。

阿部とは初共演となる松は「大好きな俳優さんなので、御一緒できるのがとても楽しみです。"夫婦"として、苦楽を共にしてこの夏をこの作品に捧げたいと思います」と気合十分。阿部も「勝手に信頼、尊敬してます! いつかご一緒出来たらと思っていたので、大変光栄です。一生懸命、貫也だけに成り済ましたいと思います」と意気込んでいる。

松の持つ"天性の品"、阿部の"天性の愛嬌"に惹かれてキャスティングしたという西川監督は「おふたりの組み合わせで夫婦をやってみて一体何が起こるのか、私もさっぱりワカリマセ~ン。たいへん楽しみです」と期待を寄せ、「灯りの消えた暗い東京に漂う"誰も見たことのない女たち"を描きたい」と制作意欲にあふれている。(マイコミジャーナル)

いやぁ勢いに乗ってますねぇ。サダヲちゃんたら。マルモリたちに負けてられませんからね。うん。しかしまぁ演技派な彼も好きなんですが、グループ魂でシャウトな彼も好き。さらなる今後のご活躍、期待しとります。

10代のニキビ、脂性肌の方におすすめの洗顔石鹸ランキング

 

陣内智則 再婚へ!「半同棲」新恋人は“20代癒し系”!

 
藤原紀香(40)の真剣交際発覚から半月、今度は元夫・陣内智則(37)の半同棲生活を本誌がスクープした。

8月3日、本誌が目撃した陣内の隣にはスラリとした色白の女性が寄り添っていた。彼女は陣内よりも長身で20代とおぼしき癒し系美女。その後2人は彼女の運転する車で、彼のマンションへ入って行った。女性が出てきたのは、翌朝7時。昨日とは違う服装だった。

芸人仲間は「知り合ったのは、今年1月で、知人の紹介です。一般女性ですが、芸能関係の仕事もしているそうですよ」と語る。近所でもたびたび彼女の姿が目撃されていた。交際も半年、いまは順調に“半同棲”中といったところだろうか。

陣内の所属事務所は「本人に確認したところ、その女性について『大事な友達です』とのことです」と2人の交際を認めた。離婚から2年。元夫婦はほぼ同時に新しい幸せを見つけていたようだ(Yahoo ニュース)

あーまたかよ。なんで陣内ってそんなにモテるんだろう。わからない。やっぱ見る人が見たらいいのかなぁ。

でもよくもまぁあんな騒動になったにもかかわらず、ホントよくやるよ。たいしたもんだ。

肝臓を回復させたいなら
 

黒木メイサ、肌を露出したドレスで超長の脚を披露!

 
映画『アンダルシア 女神の報復』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、織田裕二、伊藤英明、戸田恵梨香、黒木メイサ、西谷弘監督が登場した。黒木メイサはゴージャスなドレス姿で1か月間に及ぶスペインロケを振り返って撮影終了の解放感が「気持ちよかった」と語り、またロケでのアクシデントについても明かした。

フォーマルな衣装に身を包んだキャストが登場すると満員の客席からは大歓声が。上映終了後のあいさつとあって劇中の役名で呼びかけるファンもいた。

主役を務めた織田は感無量の表情で「土曜の朝早くから観に来てくれてありがとうございます。豪華キャストとヨーロッパで撮影する夢の企画。現実の映画になってうれしい。手ごたえを感じています。いかがでしたか?」と問いかけると観客からは「サイコー」の反応。「前作と違いホッとできるようなコメディ要素を入れたいと監督と話し合った。一見完璧に見える外交官黒田の人間くささにこだわりました。あと、つかみどころのない男なのでもっと黒田の化けの皮をはぎたい」と本作の見どころと続編への意欲を語った。

また物語の鍵を握る銀行員役の黒木は、惜しげもなく肌を大きく露出したシックなドレスで登場し、「この間まで撮影していたのでもう皆さんに観てもらえるのが不思議な感じ。これから沢山の方に観ていただけたらうれしいです。常に隠しごとをしていた役なので撮影期間は孤独感にさいなまれたので、終わった時はすごく気持ち良かった」と明かした。また、撮影中のエピソードについては、「撮影中にひざをすりむいて血が出ていたのが実はすごい怖かった」とけがをしても平気なそぶりを装っていたクールビューティ黒田の意外な一面を明かした。(シネマトゥデイ映画ニュース)
 

吉野紗香セミヌードを解禁 毒舌封印? その胸中は…

 
チャイドルブームの火付け役として子役時代から人気を集めてきた女優の吉野紗香(29)が、鮮烈なセミヌードを解禁した。

27日発売の写真集『Look』(ワニブック、3150円)では、オーストラリアロケで、20代最後のプロポーションを見せつけている。衣装、メイク、シチュエーションまで本人がこだわりぬいた撮影のテーマは「生命力」。撮影は東日本大震災のすぐ後だったという。

バラエティー番組での毒舌が注目されたこともある吉野だが、「守られてるはずの自分の家で、大きな地震を体験し、自然の恐ろしさをこれほどまでに感じたのは初めてでした」と自身を見つめ直すきっかけに。

「被災地の皆さんのこと、これからの日本のこと、そして自分には何ができるのか、大震災が起きて、自分の中で変わったこと、その瞬間を写真に撮ってもらいたいと思いました」とコメントしている。(ZakZak)

いやぁ吉野紗香もついに解禁ですか。

20代最後のプロポーション、ぜひ拝見させていただきたいものですね。

しかしプロポーションを維持するのも大変なんでしょうね。モデルやアイドルの方々って。

そういえば水素水が体にはいいって聞いたことあります。なんでも活性酸素をやっつけることで老化を防ぐとか。。。

モデルの方にはアンチエイジングは必須課題でしょうからね。

水素水で活性差酸素を効果的に除去
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。